金子眼科
医院紹介
診療時間 お知らせ
診療内容
アクセス
コンタクトレンズについて メガネについて レーザー治療について
糖尿性網膜症 白内障 緑内障結膜炎 ものもらい
 
 
順番待ちシステム
 
不定期ですが医療情報や眼の健康などをコラムにします。こちらから→
 ■危ない目の症状ー光視症や飛蚊症
 ■涙の役割と目薬の使い方 
 
 
金子眼科は、栃木県宇都宮市下荒針町に女医 金子禮子を院長として平成17年に開院いたしました。日本眼科学会認定眼科専門医による眼科クリニックです。宇都宮市の皆様のホームドクター(眼科のかかりつけ医)として地域医療に貢献いたします。白内障、緑内障、糖尿病性網膜症、その他の眼底出血、眼外傷、仮性近視、弱視治療、メガネやコンタクトレンズの処方、ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)、逆さまつげ、結膜炎、アレルギー性結膜炎、はやりめ(流行性角結膜炎)、春季カタル、角膜潰瘍、ドライアイ、眼精疲労、赤ちゃんの涙目(先天性鼻涙管閉塞)、大人の涙目(慢性涙嚢炎、鼻涙管狭窄)など眼科疾患全般ついて診療を行っております。レーザー設備を備え、緑内障、後発白内障、網膜中心静脈血栓症や糖尿病性網膜症などの眼底出血、網膜裂孔のレーザー治療が可能となっております。特に糖尿病網膜症の治療を得意としております。
目がかすむ、見えにくくなった、まぶしい、ピントが合いにくい、片目にすると一部分見えにくいところがある、目やにが多い、充血する、ゴロゴロする、蚊が飛んで見える(飛蚊症)、暗いところでも光が走って見える(光視症)など小さな症状が大きな病気のシグナルであることもあります。お気軽にご相談ください。
不定期ですが、医療情報や目の健康などをコラムにしました。こちらも是非ご覧下さい。
当院は栃木県宇都宮市にあり、宮環、鹿沼街道、大谷街道、砥上通りいずれからもアクセスが大変便利です。開院以来、宇都宮市の広範囲の皆様にご利用いただいています。駐車場14台を完備しております。 バスをご利用の場合は、宇都宮駅より「長坂経由新鹿沼行き」あるいは「砥上車庫行き」に乗っていただき「野尻」バス 停下車徒歩1分です。
宇都宮市の眼科医院・眼科クリニックー金子眼科
栃木県宇都宮市下荒針町3473-74TEL 028-648-0089
copyright 2007 Kaneko Eye Clinic All Rights Reserrved.