金子眼科
医院紹介診療内容診療時間休診などのお知らせアクセス
HOMEコラムコンタクトレンズメガネレーザー治療
 
白内障
どんな病気?どうしてなるの?
人間の目をカメラに例えるとレンズ(水晶体)が白く濁るのが、白内障です。レンズが濁るとフイルムにあたる網膜に光が届きににくくなってかすんで見えにくくなります。
白内障は、白髪と一緒で老化現象の一つです。老化に加えて、紫外線の影響でタンパク質が変性するためと考えられています。紫外線の被爆、糖尿病のコントロール不良などで進行しやすいということ が分かっています。

早い人では30才代で発症し、年齢を重ねるにつれて割合が増加します。80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれます。高齢化社会が進む現在、白内障は目の病気の中で最もありふれたもののひとつとなりました。患者数が多いこともあり、白内障研究は年々進んでいます。白内障手術もより安全になり、以前にも増して早期の視力回復・社会復帰が可能となりました。
加齢以外の原因として、外傷によるもの、先天的なもの、ぶどう膜炎、薬剤(ステロイド、ピロカルピン、向精神病薬)による副作用やアトピー性皮膚炎や糖尿病の合併症として発生する場合もありま す。
白内障
白内障の症状
水晶体が濁り始めると、水晶体の濁る部位によって人によっていろいろな症状が出現します。かすんだり、物が二重に見えたり、まぶしく、明るいところでは物が見にくい、近視が進行したり一時的に近くが見えやすくなる、その逆で細かい文字が見えにくくなるなどの症状が出現します。進行すれば矯正視力が出にくく視力低下してきます。ただ、症状や進行速度には個人差があり、かなり高齢になっても症状が出ない場合があります。
白内障の治療と手術
白内障の症状を改善する薬はなく完全に治癒させることはできません。白内障の点眼薬はあっても、進行を遅らせる程度と言われています。

進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを埋め込む方法が一般的に行われます。現在、日本では、一年間に約20万人の人が老人性白内障の手術を受けています。

白内障の手術は、早期での手術の必要はなく、日常生活で不自由になってからでかまいません。車の運転をされる方は0.7以上の視力が要求されますので乗らない方に比べやや早めの段階でも手術を受けなければなりません。

手術が必要であると判断された患者様には、近隣病院の手術までの待ち日数をお伝えしご希望をお聞きして入院や日帰り手術のできる病院を紹介しております。術後はまた、当院に通院可能となります。
手術をしたのにまたかすんできたら?
白内障の手術後、数ヵ月〜数年して、まぶしくなったり、目がかすんだりすることがあります。これは、「後発白内障」が原因のことがあります。白内障の手術は濁った水晶体をすべて取ってしまうわけではなく、水晶体の後ろの膜(後嚢)を残してその手前に眼内レンズを入れるため、人によってその膜が術後しばらくして濁ってくるために起こります。
治療はヤグレーザーを濁った後嚢の中央部分にあてて濁った膜を取り除くものです。痛みのまったくない治療で、すぐに視力回復することができます。当院でも可能な治療です。
ページトップへ
 
copyright 2007 Kaneko Eye Clinic All Rights Reserrved.
涙の役割と目薬の使い方 レーザー治療